法人向けBCP対策・帰宅困難者対策

企業の備蓄

オフィスの安心を作る防災用品の備蓄

地震などの大規模災害時には、企業は従業員の安全確保を図るとともに、一斉帰宅による混乱を避けるため従業員を事務所内の待機させる取り組みが求められています。従業員を社内に待機させるには、水・食品・非常用トイレ・衛生用品・睡眠をとるためのグッズ等様々な防災用品を予め必要数を備蓄しておかないといけません。災害発生後3日間は応急対策活動期として救助・救出活動が優先されます。1人3日分の備蓄の必要性があります。

防災用品メーカー×商社だからこそできるご提案

防災用品のセット分け
ラピタは防災用品のトップメーカーでありながら、その商品調達力を生かし商社としての機能も果たしております。数ある防災用品の中で、お客様にあった商品をご提案いたします。また、従来の備蓄方法は保存水や非常食など大きさの違うダンボールを、限られた場所でまとめて管理する必要がありますが、ラピタでは社員一人分などに選別・小分けしボックスに入れてお送りするサービスも行っております。社員ロッカーに合ったサイズのボックスに入れたり、倉庫の空きスペースにピッタリのサイズでお作りすることも可能です。備蓄後、社員が増えても人数分のパッケージを発注するだけですので、総務の方に人気のサービスです。

防災用品のことならオールインワンでご提案いたします

帰宅困難者対策や、BCP対策の一環として防災用品の備蓄をご検討されている企業様はぜひラピタまでご相談ください。ラピタでは、防災士が監修したラピタエマージェンシー製品をはじめ、あらゆる防災用品を幅広く取り揃えております。防災グッズメーカーならではの豊富な調達力で、非常食・保存水・ヘルメットをはじめ、複数の防災グッズをオールインワン(ラピタひとつ)で、格安に揃えることが可能です。備蓄ご担当者様の面倒な見積もり作業・発注作業を一括で行えることで、手間を削減いたします。また当社では防災士が常時駐在しておりますので、企業備蓄に関することならラピタまでご遠慮なくご相談くださいませ。

社内待機用品チェックリスト

企業備蓄にあたり、どのような防災用品を具体的に備蓄すべきかについては、個々の状況に応じて対応することとなりますが、最低限必要な下記の備蓄品リストをご参考ください。こちらのチェックリストは1人3日分の必要数となっております。

目的防災用品数量/1人あたり
排泄非常用トイレ20回分
トイレットペーパー1個
食料・水保存水12ℓ
非常食(主食)9食
非常食(副食)9食
加熱セット必要数
ラップ6m~10m分
紙コップ1式
紙皿1式
割りばし1式
ウォーターバッグ(6~10ℓ)1袋
衛生用品除菌用ウェットティッシュ1袋
タオル1枚
水のいらないシャンプー1本
からだふきシート1袋
歯みがきティッシュ1袋
マスク3枚
下着必要数
生理用品必要数
避難ヘルメット1個
軍手・切創手袋1双
懐中電灯1本
日用品AM/FMラジオ1台/フロア・グループ
携帯電話充電器商品による
ランタン(調光タイプ)1台/グループ
乾電池1組
防寒・睡眠圧縮毛布1枚
エアーマット1枚
寝袋1枚
救急救急用品1式/フロア

法人・団体様向け備蓄をご検討の方へ

ラピタは、全国の企業様に備蓄用品の納入実績がございます。防災士も在籍しており御社にあったプランをご提案させていただきます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせはこちら

株式会社LA・PITA(ラピタ)
059-329-5885(全国対応) 営業時間|平日10:00~18:00

ページ上部へ戻る