“おもしろさ”を見出すことへの好奇心

KATSUMASA TANAKA

デザイナー田中 克昌

自社の為にデザインができる醍醐味

私の仕事は、商品の良さを最大限引き出すこと。
デザイナーとして仕事をする上で、一般的なホームページ制作会社で働く場合とラピタで働く場合とでは大きく異なる部分があります。
それはラピタで取り扱う商品を、プロモーションするためにデザインをしているということ。
制作会社のように、仕事をクライアントから請け負い指示通り作って終わりという訳ではありません。
時には、自分で一から商品内容も考えてページやチラシなどのデザインを考えていくという、ある意味大変な作業ではありますが、制作会社とは違うやりがいを多く感じることができます。

作ったデザインには完成はない

デザインを作って提出して終わりではありません。それは、そのデザインが自社の売上に直結しているからです。
どうやれば見てもらえるのか、どうやればお客様に商品の良さが伝わるか。デザイン完成後もそれらをひたすら考え、修正や改善を行っていきます。
作ったデザインを根本からやり直すときもあります。ラピタのデザインに完成はないのです。
そうして、自分の作成した商品ページなどを通して注文が入った時には一層の喜びがあります。これは、ただデザインを制作するだけでは味わうことができない感覚だと思います。

ラピタに入社して改めて気づかされた伝えることの重要性

アーティストではダメ

デザインの仕事をしていく中で大きく姿勢が変わりました。
それは、お客様に商品の素晴らしさを「伝える」ということです。デザインは想いを心に届けるための手段なのです。
入社前はアーティストのような目線で、ただ自分が良いと思うデザインを作るという取り組み方をしていましたが、お客様の元へ届けるためのデザイン作りがいかに重要であるかを改めて気づき、日々勉強を続けています。

ステップアップをもっとしたい

勉強をしなければならない、技術を身に付けなければならない。そいうったことは当たり前ですが誰もが苦しい作業です。
しかし、意欲的にそういった行動に励みたくなる理由があります。
自分が制作したページやチラシがお客様の目に、心に直接届けるということに繋がりその結果がすぐに分かるわけです。
どうやったらもっと分かりやすく伝えることができるのだろうかと、ステップアップしたいという気持ちが自然と湧いてくるのです。

KATSUMASA TANAKA

自分の仕事が社会貢献にも繋がる

防災という分野で仕事をするということは、自分の働きが誰かの命を助けるかもしれない。そう考えると使命感のようなものも自分の中に芽生えてきます。
命に関わる大災害が頻発するこの日本で、一人でも多くの人の元に、一日でも早く備えていただくためにはどうしたらいいのか。
その必要性も訴えかけるのが私の仕事の役目ではないだろうかと考えています。

ラピタに飛び込んでみたいと思っているあなたへ

制作経験なんて関係ありません。もちろん年齢も性別も。
ラピタが求めるのは、そのセンスとアイディアです。
デザイナーの仕事は、写真撮影や動画編集、Webなど多くの技術を身に付ける必要がありますが、それらが一つ一つ上達していくことも日々実感しています。
やりがいのある、達成感のある仕事がしたいと思うならきっと満足できるはず。
私たちと一緒に日本一を目指しましょう。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー
Copyright 2018 RECRUIT(採用情報) | 株式会社LA・PITA(ラピタ