いつ起こってもおかしくない災害に備えてほしい

地震、台風や大雨・・・災害は起こるんだろうな。用意しなくてはいけないと分かっていても、「何を準備したらいいのか?」と思うと尻込みしてしまう・・・。
そんな時に、防災用品メーカーと災害対策のプロ・防災士が共同開発した防災セットで手軽に備えることができます。

防災セット ラピタ

どんな空間にも馴染むデザイン

クローゼットの奥に防災用品を仕舞い込んでしまっている・・・そんな経験はありませんか?ラピタは玄関・リビング・寝室家中どこにでも置けるデザイン。
だから、いざという時にすぐ持ち出せます!

防災セット ラピタ画像
[1人用]
19,800(税込)
[全4色]
ブラック/レッド/
ブルー/グリーン

防災セット SHELTER

軽量で大容量 雨にも強いリュック

たくさん防災グッズや常備薬・着替えなど必要なものを詰め込んでいくと、どうしても詰め込むものも増え、重くなりがち。だからこそ、リュックは30リットルの大容量なのに640グラムの軽さ。

防災セット SHELTER画像
[1人用]
12,900(税込)
[全4色]
レッド/ターコイズ/
オレンジ/ブラック

ものすごい 防災セット

重い防災セットも 転がしてラクラク

どうしても荷物が多くなる防災セット。いざという時に運べるか不安・・・。そんな時には「転がす」「背負う」「持つ」と状況に合わせた運び方を選べるキャリータイプの防災セットを。

ものすごい 防災セット画像
[1人用]
20,900(税込)
[全1色]
ブラック

リュックにはたくさんの防災グッズがポーチごとに分けられて入っています

メッシュだから 賞味期限もひとめでわかる
ポーチだから サッと取り出せる
セット内容をチェック

備蓄品の管理はアプリ「ソナエリスト」におまかせ!

備蓄品を簡単登録して一覧でチェック♪ 賞味期限が切れる前に通知でお知らせ♪
アプリ画面
ソナエリスト
  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
詳しくはこちら

地震以外にも停電や大雨に役立つ防災グッズがたくさん!

  • 保存水

    保存水

    飲料用や食事用はもちろんのこと、衛生用やトイレ用などの生活用水に利用します。持ち運ぶための500mlサイズ、断水対策に2Lサイズなど状況に合わせた備蓄が便利です。
  • 保存食

    保存食

    電気や火が無くてもおいしく食べられる非常食。水だけで作れるごはんや、そのまま食べられるおかずなどラインナップが豊富。飽きの来ないよう味の種類を豊富に備蓄するのがコツです。
  • 非常用トイレ

    非常用トイレ

    断水などで、トイレが使えないととても困ります。そんなときの為に水を使わない簡易トイレの備蓄が必要です。給水シートが貼り付けられていて使って捨てるだけのものや、凝固剤を使用するものなど種類があります。
  • 衛生用品

    衛生用品

    水が貴重な災害時にはお風呂に入ることも、歯を磨くこともできません。避難生活では衛生面の問題による感染症や食中毒などの被害が想定されます。ウェットシートなどのケアグッズで体も気分もさっぱりさせましょう。
  • ラジオ・ライト・ランタン

    ラジオ・ライト・ランタン

    台風や地震で真っ先に起こるのは停電です。コンセントを利用しないライトやランタンが非常に便利です。夜の避難も想定しましょう。またスマートフォン以外の情報源としてラジオを備えておくことも重要です。
  • ヘルメット・防災ずきん

    ヘルメット・防災ずきん

    建物の倒壊や危険な落下物などから守ってもらえます。 ヘルメットがあるだけで、大けがを避けたり、命の危険を回避することもでき、災害時には着用することをおすすめします。
  • 防寒用品

    防寒用品

    冬は避難の移動や避難所で寒さをしのぐ対策が必要です。特にアルミシートは非常にコンパクトで備蓄に最適。登山にも利用されるほど保温力もあり、体温の低下を防ぐことができます。
  • 寝具

    寝具

    帰宅困難時や緊急の避難先では硬く冷たい床の上で寝なければいけない場合があります。そんな場合にエアーマットがあると体力を奪われず快適に眠ることができます。
  • のん

    のん

    女優、創作あーちすと。
    2016年公開の劇場アニメ「この世界の片隅に」で主人公・すずの声を演じ、第38回ヨコハマ映画祭「審査員特別賞」を受賞、高い評価を得る。
    2017年に自ら代表を務める新レーベル『KAIWA(RE)CORD』を発足。2020年2月にはのん主催のフェス『NON KAIWA FES vol.2』を無観客で実施。その後もオンラインライブ「のんおうちで観るライブ」を積極開催。
    創作あーちすととしても活動を行い、2021年『やんばるアートフェスティバル』で巨大リボンアートを発表。
    2020年12月主演映画「私をくいとめて」が公開(第33回東京国際映画祭 TOKYOプレミア2020部門 観客賞/東京都知事賞受賞)。
    2022年2月に自身が脚本、監督、主演の映画作品「Ribbon」を公開。 2022年夏、映画「さかなのこ」、秋には映画「天間荘の三姉妹」が公開予定。